不動産・土地利用などの地理的な空間データを用いた計量分析・空間統計解析と地理空間情報に関連する学際的研究を得意とする知的で開かれた研究者集団

研究プロジェクト

茨城県南地域の土地利用の変遷

対象地域と用いるデータ

茨城県土浦市

対象地域: 
茨城県土浦市

用いるデータ: 
詳細土地利用データ、国土数値情報

 

ページの先頭に戻る

目的と再現の概要

土地利用データはデータ整備に多大な労力と時間を要するため、5年程度の間隔がある。
本研究では、土地利用データが存在 しない時点における土地利用分布を 再現する。

目的と再現の概要

  国土数値情報 細密数値情報
対象地域 全国 三大都市圏
メッシュサイズ 100mメッシュ 10mメッシュ
調査年度 1976・1987・1991・1997 1974・1979・1984・1989・1994
詳細土地利用 国土数値情報 本研究における土地利用分類
1:都市集落地等 1:建物用地 1:市街地
2:田 2:田 2:農用地
3:畑地・果樹園等 3:その他の農用地
4:広葉樹林 5:針葉樹林
6:混交樹林 7:竹林
4:森林 2:農用地
8:河川・湖・沼・池 9:湿地 5:海浜 6:海水域
7:河川地及び湖沼
4:その他
10:伐採跡地 11:公園緑地・運動競技施設 12:荒地 13:露岩・崩壊地 14:その他 8:荒地 9:ゴルフ場
10:その他の用地

詳細土地利用(ポリゴン)国土数値情報(メッシュ)

ページの先頭に戻る

離散選択モデルを用いた分析

特徴 : 説明変数が揃えば毎年の予測が可能
拡張点 : 空間的相関を考慮することで精度の高いモルを構築する

二頂プロビットモデル空間二頂プロビットモデル

離散選択モデル

二頂プロビットモデルの推定結果
変数 パラメータ t値
最寄り駅距離
-8.2×10 -5
-15.1
道路までの距離
-2.2×10 -3
-20.9
標高
-1.3×10 -3
-3.44
流域界までの距離
-4.9×10 -5
-1.51
人口密度
-1.9×10 -5
-6.83
切片 0.14 -3.99

(N=13168)

空間二頂プロビットモデルの推定結果
変数 パラメータ t値
最寄り駅距離
-1.5×10 -4
-8.06
道路までの距離
-2.4×10 -3
-7.96
標高
-1.6×10 -3
-1.92
流域界までの距離
-1.2×10 -4
-1.39
人口密度
-2.7×10 -5
-3.33
λ(空間的相関) 0.55 -28.6
切片 0.18 -1.07

(N=13168)

実際の市街地の分布

実際の市街地の分布

 
遷移確率モデルを用いた分析

特徴 : 従来のモデルは予測できる時点が限定されている
拡張点 : 連続関数であるハザードモデルを援用し、任意時点間のマルコフ遷移確率行列を推定する

非都市度iの寿命を表わす確率密度関数

非都市度iの寿命を表わす確率密度関数

都市化過程を仮定

都市化過程を仮定

マルコフ遷移確率

マルコフ遷移確