不動産・土地利用などの地理的な空間データを用いた計量分析・空間統計解析と地理空間情報に関連する学際的研究を得意とする知的で開かれた研究者集団

研究プロジェクト

 

わが国における応用都市経済モデル −特徴と発展経緯−

概要

応用都市経済(CUE)モデルは、都市経済の実態や都市政策の実証評価を行うための有力な分析ツールである。CUEモデルは、家計や企業を含む立地者や活動の分布、土地利用や地価/地代、建物価格/建物地代の分布など、実態的な都市経済を表現することが可能であり、またミクロ経済理論と整合的な交通モデルを内包し、そのためOD交通量の分布や貨物交通流動などの影響も見ることができる。本研究では、まず標準的なCUEモデルの定式化や理論フレームを示し、それからわが国で発展し適用されてきたいくつかの具体的CUEモデルを紹介する。次に、各モデルを、適用状況や数学的定式化、そして均衡の導出という観点から比較検討している。

上田孝行・堤 盛人・武藤慎一・山崎清:pdf わが国における応用都市経済モデル−特徴と発展経緯−
応用地域学会,11月15日〜16日,2008,釧路公立大学

ページの先頭に戻る

歴史的経緯

歴史的経緯

ページの先頭に戻る

我が国で開発されたCUEモデル

我が国で開発されたCUEモデル

我が国で開発されたCUEモデル

我が国で開発されたCUEモデル

ページの先頭に戻る

一般形

一般形

一般形

一般形

一般形

ページの先頭に戻る

モデルの比較

モデルの比較

モデルの比較

モデルの比較

モデルの比較

ページの先頭に戻る